\  本日限定!Amazonタイムセール開催中  /

【2023年モデル】東芝 ドラム式洗濯機 全機種紹介 オススメポイントと前モデルの違いを解説

2023年東芝ドラム式洗濯機
  • URLをコピーしました!

例年、8月〜9月頃は各メーカーが新型ドラム式洗濯機を発売します。

2023年もいよいよ新型ドラム式洗濯機が登場する時期になりました。

各メーカーの先陣を切ったのが、ザブーンの名称でお馴染みの東芝ドラム式洗濯機。家電雑誌や、家電芸人等からも高評価であり話題になることも多い製品です。

今回は2023年モデルの東芝ドラム式洗濯機を中心に、新機能の解説と前モデルとの比較を致します。

新型は機能面の追加等がある一方、旧型モデルはお値打ちになっているので、新旧比較を実施してぴったりな一台を見つけましょう!

この記事はこんな人におすすめ
  • 東芝ドラム式洗濯機の購入を検討している
  • 乾燥容量が多いドラム式洗濯機が欲しい
  • 清潔さにこだわった洗濯機を知りたい
本記事の監修
アル
筆者:アル
  • 家電業界歴14年以上の現役家電業関係者
  • 総合家電アドバイザー資格者
  • 家電製品年間1億円以上の販売経験有
  • 皆さんの家電選びをお手伝いをします
気になる項目をチェック!

東芝の2023年モデルを全機種比較

スマホ

東芝の2023年モデルのドラム式洗濯機を全機種比較します。

東芝ドラム式洗濯機は3ラインナップ、普及価格帯モデルがTW-127XM3、ミドル機種がTW-127XH3、最上位モデルがTW-127XP3となっております。

東芝は3ラインナップ
  • 最上位モデル TW-127XP3
  • 中級機モデル TW-127XH3
  • 普及価格帯モデル TW-127XM3
スクロールできます
本体デザイン
左開き型式
TW127XP3
TW-127XP3L
TW127XH3
TW-127XH3L
TW127XM3
TW-127XM3L
右開き型式TW-127XP3RTW-127XH3R
本体色(T)ボルドーブラウン
(W)グランホワイト
(W)グランホワイト(W)グランホワイト
洗濯・脱水容量12kg12kg12kg
洗濯~乾燥・乾燥容量7kg7kg7kg
洗浄機能抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX
温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX
Ag+抗菌水
抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
Ag+抗菌水
抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
Ag+抗菌水
乾燥機能ヒートポンプ除湿乾燥
(ハイパワー)UV除菌
UV除菌洗濯
UV除菌洗乾コース
(ハイパワー)UV除菌消臭コース
ヒートポンプ除湿乾燥
UV除菌洗乾コース
UV温風除菌コース
消臭コース
ヒートポンプ除湿乾燥
除菌乾燥モード
除菌消臭コース
低騒音技術振動吸収クッション(高減衰ゴム)
S-DDモーター(インバーター制御)
振動吸収クッション(高減衰ゴム)
S-DDモーター(インバーター制御)
振動吸収クッション(高減衰ゴム)
S-DDモーター(インバーター制御)
清潔機能バブルdeメンテ
ドアパッキン洗浄
乾燥ダクト自動お手入れ
熱交換器自動洗浄
乾燥フィルターラクラクお手入れ
自動槽乾燥
カビプロテクト
槽クリーン
(槽洗浄・槽乾燥・60℃温水)

自動おそうじ機能
(自動お掃除モードあり)
ドアパッキン洗浄
乾燥ダクト自動お手入れ
熱交換器自動洗浄
乾燥フィルターラクラクお手入れ
自動槽乾燥
カビプロテクト
槽クリーン
(槽洗浄・槽乾燥・60℃温水)

自動おそうじ機能
(自動お掃除モードあり)
ドアパッキン洗浄
乾燥ダクト自動お手入れ
熱交換器自動洗浄
自動槽乾燥
カビプロテクト
槽クリーン
(槽洗浄・槽乾燥)
自動おそうじ機能
(自動お掃除モードあり)
節電・節水ecoモード
ふろ水ポンプ
ecoモードecoモード
IoT機能スマートフォン連携
(アプリ対応)
スマートフォン連携
(アプリ対応)
 
使いやすさ液体洗剤・柔軟剤 自動投入
大型カラータッチパネル
槽内LED 照明
液体洗剤・柔軟剤 自動投入
LED表示
槽内LED 照明
液体洗剤・柔軟剤 自動投入
LED表示
予約機能時計機能内蔵
(タイマー式終了時刻設定)
1~24 時間後設定1~24 時間後設定
参考:東芝ライフスタイル公式HP

前機種に無かった新機能は赤字で記載しております。

東芝の2023年モデルは全機種ドアパッキン洗浄が搭載されました。既に先行してパナソニックが窓パッキング洗浄、続いて日立が「らくメンテ」でドアパッキン洗浄も搭載したことから、今回東芝も追従しました。

アル

東芝もいつか搭載されるな、とは思っていました。

TW-127XP3には(ハイパワー)UV除菌(ハイパワー)UV除菌消臭コースが搭載され、ハイパワーUV除菌を強くアピールしています。

またTW-127XP3とTW-127XH3には槽クリーン(槽洗浄・槽乾燥・60℃温水)も追加されており、より衛生面を強化している印象が強くなりました。

TW-127XH3にもスマートフォン連携(アプリ対応)が搭載されたのも新製品の特徴となります。

それじゃ、新機能を見ていこか!

2023年モデルの東芝はここがすごい!

ガッツポーズ

2023年モデルの新機能の解説と、東芝ドラム式洗濯機の優れているところを解説します。

ハイパワーUV除菌機能

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XP3に採用

TW-127XP3に搭載されているのが、ハイパワーUV除菌機能です。従来の機種にもUV除菌はありましたが、TW-127XP3のUV除菌がパワーアップしました。

UVとは紫外線のことです。衣類を除菌や、ダニのケアコースや花粉コースも搭載しており、衣類の清潔面で安心できる機能となります。

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

UVの照射出力を約5倍にパワーアップしたことで、除菌能力が向上しています。

前モデルでは、XPシリーズとXHシリーズの差別化ができておらず、画面のタッチパネルと、スマートフォン連携くらいでしたが、今回のXP3はハイパワーUV除菌を搭載しており、他モデルより優れたモデルになりました。

今回のハイパワーUV除菌機能搭載により、以下のコースも進化ポイントなります。

  • UV除菌コース
  • UV除菌消臭コース
  • UV除菌洗濯コース

ドアパッキン洗浄

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

東芝2023年モデル全機種に採用

既に他メーカーには搭載されているドアパッキン洗浄が東芝のドラム式洗濯機にも採用されました。

2023年モデルは全機種採用となるため、日立の一部機種とパナソニックと東芝は全機種採用となりました。

ドアパッキン洗浄は洗濯のたびにドアパッキン周りの汚れを洗い流してくれる機能で、ドラム式洗濯機の掃除をしないといけないドアパッキングのお手入れをやってくれる便利な機能になります。

パナソニックが先に搭載し、日立も「らくメンテ」で搭載、今回遂に東芝でも搭載されました。

そういう流れになってきてるとは思いました。

60℃温水槽クリーン(槽洗浄)

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XP3・TW-127XH3に採用

約60度の温水で洗濯槽内を洗浄し、洗濯槽クリーナーなしで除菌、黒カビの発生を抑制できるようになりました。

カビは温度が高いと抑制できるため、黒カビの発育の抑制に効果があります。洗濯槽クリーナー(洗浄剤)なしで洗濯槽が綺麗にできるのはお財布にも優しい機能です。

洗濯槽クリーナーはこういった洗浄剤を使います。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

温水で洗浄するため洗濯槽クリーナー無しで除菌、カビの抑制できるのはありがたい機能です。

アル

洗濯槽クリーン1回で1700円近くかかってしまうのが抑えられます。

スマートフォン連携

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XH3に新採用(TW-127XP3は以前から採用)

XP3は前モデルから搭載されていましたが、今回XH3にも搭載されることになりました。

アプリを使うと液体洗剤自動投入機能を使う場合、洗剤量を設定するのがスマートフォンで銘柄を設定して完了できます。

外出先でもコースや終了時刻の変更が出来るようになり、家の中でも洗濯の状況をスマートフォンでチェックできるようになります。

その他、アプリから洗濯の専用コースも指定できるようになっています。

  • スポーツウェアコース
  • 超濃縮つけおきコース

東芝のドラム式洗濯機はここに注目!

パソコン

東芝のドラム式洗濯機の魅力を今一度解説いたします。

アル

新機能以外の東芝洗濯機の魅力をお伝えします!

抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XP3のみ採用

東芝は2種類の泡で洗浄を行います。「マイクロバブル」と「ウルトラファインバブル」を生成します。

ウルトラファインバブル水」と洗剤を混ぜ合わせた洗濯水で洗濯を行い、洗浄力を向上させ、皮脂汚れに対する洗浄効果を高めて、衣類の黄ばみを抑えることができます。さらに「マイクロバブル」も発生させることで、汚れの再付着を抑制する効果を高めて、黒ずみを抑える技術も搭載しています。

ウルトラファインバブルは非常に小さな気泡が洗剤と引っ付いて衣類の繊維の中まで汚れにアタックするので、汚れ落ちに優れ、すすぎの性能も高いことが特徴です。

ウルトラファインバブルで洗濯するメリット
  • ウルトラファインバブルが繊維の奥に入り込み洗浄
  • 皮脂をしっかり落として黄ばみを防ぐ
  • 落とした汚れはマイクロバブルがキャッチし再付着防止
  • 洗濯槽への汚れの付着を抑制
  • 冬場の冷たい水でも皮脂汚れを落とす
  • 「食べこぼし」や「しみ」汚れに強い
  • 洗剤の洗浄成分を吸着して取り除くからすすぎ効果アップ
  • 洗剤をしっかりすすぎができるので、柔軟剤効果を高める
アル

東芝洗濯機はウルトラファインバブルを多くの機種に搭載しています。

洗浄能力が高まって汚れを取り除くのはうれしいですね!

抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX抗菌ウルトラファインバブル洗浄Wの違いはマイクロバブルも発生させるかどうかの違いです。

マイクロバブルも発生させる抗菌ウルトラファインバブル洗浄EXでは、洗浄効果を高めて汚れを落とし、汚れの際付着を防止し、衣類の黒ずみを防止する効果が期待できます。

Ag+抗菌水

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

東芝2023年モデル全機種に採用

すべてのコースで水道水を抗菌水に変えて洗い、すすぎを行います。

水道水がAg+抗菌水ユニットを通過すると、銀イオンの抗菌成分が溶けて「Ag+抗菌水」を生成。

Ag+抗菌ビーズから溶け出した抗菌成分が、ウルトラファインバブルとともに繊維のすき間に入り込み、お洗濯のたびに抗菌して、部屋干し臭の原因菌が衣類に繁殖するのを防ぎます。

アル

抗菌水で洗浄するので衣類の生乾き臭が抑えられます。

タオルとか衛生面が気になるものには嬉しいですね!

温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XP3のみ採用

水温を上げて洗濯をし、通常よりもさらに効果的に汚れを落とすことができます。水温の低い日の洗濯で洗浄能力をあげたり、除菌をしながら洗ったりすることができます。

洗剤は水温が低いと効果が低くなり、衣類の皮脂汚れを落としずらくなってしまいます。また温度を上げて洗浄することで、頑固な汚れや、黄ばみ、除菌をすることもできるようになります。

温度洗濯の効果
約60度除菌白物衣類を除菌しながら清潔に洗う
約50度洗浄ガンコな食油汚れをしっかり落とす
約40度つけおきついてしまった黄ばみを落とす
約30℃おしゃれ着洗浄やさしい水流でも、汚れをしっかり落とす
約15℃洗浄寒い日でもいつもの洗浄力に

温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄Wの違いは、UV除菌洗濯(洗濯運転のみ)予洗い+(プラス)念入りコースの有無の違いです。

EXとWとかなり効果が違うのかと色々調べましたが、コースの違いくらいしかありませんでした。

アル

XH3でもほぼ同じ効果と思って良さそうです。

液体洗剤・柔軟剤 自動投入

東芝ドラム式洗濯機
東芝ライフスタイル公式HPより

東芝2023年モデル全機種に採用

最近では液体洗剤自動投入はほとんどの機種に付いている機能となりました。東芝の2023年モデルのドラム式洗濯機は全機種搭載しています。

洗濯物に適した使用量を見きわめて、液体洗剤と柔軟剤を自動で投入してくれるので、洗濯のたびに量って入れる手間もなくなり、使いすぎも防ぎます。家事に不慣れな方でもカンタンにお洗濯できます。洗剤ボトルを置く場所も必要ありません。

また、XP3、XH3ではスマートフォン連携も使用できるため、洗剤の銘柄を選び使用量を決定できるのでより便利で使い勝手が良くなっています。

  • 計量や投入の手間を減らせる
  • 自動で適量を量るから経済的
  • 洗剤・柔軟剤の置き場所いらず

今ではほとんどの機種に搭載されています。

アル

便利な機能ですので、ぜひ使って欲しい機能です!

TW-127XP3を解説

TW127XP3
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XP3は前モデルになかったドアパッキン洗浄が追加され、各メーカーの主力機種とお手入れのしやすさは肩を並べました。さらにUV除菌はハイパワーUV除菌となってパワーアップし、洗濯槽を温水で洗う機能が追加となりました。

抗菌ウルトラファインバブル洗浄EXや、Ag+抗菌水、温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄EXと洗浄能力は申し分なく、清潔性能は各社メーカーの製品の中ではトップクラスの性能となります。

また、他の東芝ドラム式洗濯機にはない大型液晶タッチパネルが搭載されており、非常に見やすく操作がしやすいのが特徴です。

乾燥容量は7kgあり、これは横幅60cm本体の中ではクラス最大であり、乾燥をたくさんしたい!と言った人にはぜひとも選びたい機種になっています。

TW-127XP3の特徴
  • 乾燥容量が7kgでたっぷり乾燥できる
  • UV除菌がパワーアップしている
  • 洗浄能力は東芝ドラムでNo.1
  • 清潔機能も東芝ドラムでNo.1
  • 大型タッチ液晶パネルはXP3だけ
  • ブラウンの色が選べるのはXP3のみ
  • ふろ水ポンプが使えるのはXP3のみ
XP3
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XP2との違いは?

考える

前モデルのTW-127XP2との違いはXP3にはドアパッキン洗浄が搭載されました。

(ハイパワー)UV除菌(ハイパワー)UV除菌消臭コースも搭載され、照射パワー約5倍のハイパワーUV除菌を使ったコースが特徴です。

また槽クリーン(槽洗浄・槽乾燥・60℃温水)も追加されており、黒カビの抑制にも効果が期待でき、より清潔面が強化されました。

本体型番TW127XP3
TW-127XP3
TW127XP3
TW-127XP2
ドアパッキン洗浄
ハイパワーUV除菌
ハイパワーUV除菌消臭コース
槽クリーン(60℃温水)

TW-127XP2には2023年モデルのTW-127XP3で搭載されたドアパッキン洗浄が入っていないところが気になるところになります。

反面、TW-127XP3の登場により、TW-127XP2は安く購入できるので価格差を考えるとTW-127XP2を買うのは十分ありです。

TW-127XP2は現在、在庫限りとなっているので購入はお早めに!

アル

型落ちモデルになってお買い得です。前モデルも非常に高性能で、この値段なら迷わず選んで良いですね!

TW-127XH3を解説

TW127XH3
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XH3はスマートフォン連携が搭載され、洗剤自動投入の銘柄を選んで設定できるようになりさらに便利になりました。

今回からはドアパッキン洗浄も加わり、約60度洗濯槽クリーンも追加され、より清潔面がよくなった印象です。

洗濯機能においても、ウルトラファインバブルを活用した洗浄が特徴です。上位モデルのTW-127XP3にはマイクロバブルも使用するため、汚れの再付着防止の面では一歩譲ります。

しかし大筋の洗浄する機能は上位モデルのTW-127XP3と大差なく、UV除菌の差と大型液晶タッチパネルの搭載が大きな違いとなります。

TW-127XH3の特徴
  • 乾燥容量が7kgでたっぷり乾燥できる
  • 中級機種でもスマートフォン連携が搭載
xh3、XM3
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XH2との違いは?

考える

TW-127XH2にはドアパッキン洗浄が搭載されていません。やはり少しでも掃除が楽になるので、欲しい機能だと考えます。

槽クリーン(槽洗浄・槽乾燥・60℃温水)スマートフォン連携(アプリ対応)がTW-127XH3には搭載されています。スマートフォン連携は洗剤自動投入の際、洗剤の銘柄を選べば洗剤に合わせた量を投入できるようになるのでこれも着実な改善ポイントになります。

本体型番TW127XH3
TW-127XH3
TW127XH3
TW-127XH2
ドアパッキン洗浄
スマートフォン連携
(アプリ対応)
槽クリーン(60℃温水)

主な違いはドアパッキン洗浄と、スマートフォン連携となります。ドアパッキン洗浄は欲しい機能ではありますが、前モデルとの違いはそこまで大きな違いではありません。

このくらいの違いであれば、価格差を考えて、旧型モデルを積極的に選んで良いと思います。

TW-127XM3を解説

TW127XM3
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XM3はドアパッキン洗浄のみが追加となりました。残念ながら他は大きな変更点は加えられておりません。

ドアパッキン以外は大きな違いがない分、むしろ旧型が狙い目と言えます。

また前モデルのTW-127XM2は現在価格の下落が凄いことになっています。東芝製品は値下がりすることが多いのですが、この機種は特に値下がりが大きくなる印象があります。

TW-127XM3の特徴
  • 乾燥容量が7kgでたっぷり乾燥できる
xh3、XM3
東芝ライフスタイル公式HPより

TW-127XM2との違いは?

悩む

TW-127XM3にはドアパッキン洗浄が追加されました。この点だけが違いとなります。

前モデルのTW-127XM2は在庫処分で値段が非常に安くなっています。この価格差であれば前モデルを選ぶかTW-127XH2(前モデルの上位モデル)を選ぶのも良いでしょう。

本体型番TW127XM3
TW-127XM3
TW127XM3
TW-127XM2
ドアパッキン洗浄
アル

楽天市場などで高額ポイントが付く時が狙い目ですね。20万円を切っているのは魅力的です!

まとめ

説明

2023年モデルの東芝ドラム式洗濯機は、全機種にドアパッキン洗浄が搭載されました。また、TW-127XP3(最上位モデル)にはUV除菌が約5倍にパワーアップしていたり、TW-127XH3(中級モデル)でもスマートフォン連携が使えるようになり、順当に進化しているように思えました。

大きな変化がなかったのは、TW-127XM3(低価格モデル)で、現状からあえて2023年モデルを選ぶメリットは少ないと思います。

旧型モデルは在庫処分でどれも安くなっていることから、2023年モデルではなく型落ち品を選ぶメリットは大きく感じました。

アル

値段と相談しても、型落ち品はやっぱり魅力的です!

旧型品でも性能十分や!

例年、新製品が登場すると、型落ち品の在庫が一気になくなります。購入するタイミングを失わないように、在庫のあるうちに購入するのがオススメです!

各社、2023年モデルが出揃う前が型落ち品がお買い得です。2022年モデルは以下をご参考に!

2023年東芝ドラム式洗濯機

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
気になる項目をチェック!